読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

okochangの馬鹿でありがとう

ふらふら適当に世間を生きる日々でございます

幕張新副都心エンデューロは初めてのDNS

3月26日は幕張新副都心エンデューロにエントリーしていたが、残念ながらDNS
ITの世界ではDNSといえばDomain Name Systemを省略したものだが、サイクルロードレースにおいてはDid Not Startを省略したもので、棄権、欠場、不出走を表す。私にとっては初めてのDNSは、雨が降ったことによる落車などの危険性を考慮して出走を見送るというものだった。3月末といっても気温もかなり低く、かなり厳しいレースだったようだ。
そんな私は当日昼から寿司をつまみにビールを飲み「出走していたら楽しかっただろうな」と思いを巡らせていたのだが、やっぱり出走しなくて正解だった。というのも、多少雨をしのげる程度のウィンドジャケットは持っているものの、雨への対策がまったく出来ていなかったからだ。
今後、雨天時にレースに出走するかはさておいて、どんな準備が必要かまとめておく。

ウェア対策

雨に体が濡れてしまうと体温が下がり、体が冷えすぎると動きも鈍くなってしまうので、重点的に対策をしておきたい。まずは何と言ってもレインウェアで体が濡れることを防ぐ。

(パールイズミ)PEARL IZUMI 2355 レーシングレインジャケット 2355 6 ホワイト L

(パールイズミ)PEARL IZUMI 2355 レーシングレインジャケット 2355 6 ホワイト L

手先が濡れてかじかんでしまうとハンドル操作が思うように出来なくなったり、何より手が痛くてレースどころではなくなりそう。防水性があるグローブやfinetrackなどで対策をした方が良さそうだ。

(パールイズミ)PEARL IZUMI 83 レイングローブ 83 4 ブラック XL

(パールイズミ)PEARL IZUMI 83 レイングローブ 83 4 ブラック XL

(モンベル)mont-bell Outdryサイクルグローブ 1130353 BK ブラック S

(モンベル)mont-bell Outdryサイクルグローブ 1130353 BK ブラック S

シューズが雨に濡れた状態でペダリングすると気持ち悪いし、重いし、何より足先が寒すぎるので防水性があるシューズカバーが必要。veloTozeはIT技術者ロードバイク日記でも紹介されている。

ヘルメットも対策がなしだと雨を直接浴びることになるので、カバーが必要。veloTozeはヘルメットカバーもある。

下半身はどうだろう。レインパンツとかあるはあるけど、サイクルロードレースとかを見ているとそういうのは使っていないイメージがあるので、防水性があるビブタイツを着用するということになりそう。

www.ysroad.net

バイクへの対策

雨でスリップしやすくなっていることを考えると、タイヤ幅を見直しはしておいた方が良さそう。普段は23Cを使っているけどせめて25Cのタイヤを使いたい。

はねた水や泥がかからないようにフェンダーもつきたい。以下のようなものはプロのレースでも使われているし、取り付けも簡単に出来るようになっていて便利だ。

ASS SAVERS(アスセイバーズ) リアフェンダー ORIGINAL 34cm ブラック

ASS SAVERS(アスセイバーズ) リアフェンダー ORIGINAL 34cm ブラック

自分自身への対策

最後に自分自身の対策としてレインジェルで雨を弾く。

rbs.ta36.com

まとめ

こうやってまとめてみると、雨天時のレース対策はたくさんあるし、きちんとした対策が出来ていないと出走してもDNF(Did Not Finish)ってことになりそう。雨の日ほど出走するまでの準備がレースの結果を左右する気がする。
幕張新副都心エンデューロに出れなかったので、次は春のしもふさクリテ in フレンドリーパーク下総クリテリウムのフレッシュマンにもエントリーしたかったけど、受付が終わってしまっていたので2時間エンデューロのみエントリーした。頑張るぞ!