okochangの馬鹿でありがとう

ふらふら適当に世間を生きる日々でございます

続・冬の防寒対策

私の職場ではコミュニケーションツールにSlackを使っているのだけど、Slackのロードバイクチャネルで冬のサイクルウェアが話題になった。
2016年10月に防寒対策に関する準備をまとめておいたのだけど、その後寒さに勝てずにちょこちょこウェアを買い足していたのだけど、今回は買い足したウェアについてまとめておく。

買い足したウェア類

長袖ウェアは単純にもう一着あった方が便利なので購入。しかし、寒さが本格的になってくると、もう少し暖かい長袖ウェアが欲しくなった。「本格的な寒さに備えてもっと温かいウェアを買うか、諦めてローラー練習に絞るか」は次の冬にもう一度考えることになりそう。

もう少し暖かい長袖ウェアとして、5℃~10℃対応のものを購入した。 購入してからは外での練習はこればかり着ている気がする。
※2017年2月11日追記

いままで使っていたシューズカバーのサイズが小さいと感じていたので、パールイズミのものを購入した。もう少し暖かそうなシューズカバーもあるのだけど、装着がしやすそうなのでコレにした。さすが国産、日本人らしい足の形をした私にはピッタリだった。
こちらも装着がしやすい反面、真冬では寒さを感じたので、購入する場合はその点はご注意を。

(パールイズミ)PEARL IZUMI 181 長袖 アンダーシャツ [メンズ] 181  4 ブラック M

(パールイズミ)PEARL IZUMI 181 長袖 アンダーシャツ [メンズ] 181 4 ブラック M

寒い日は前回購入したアンダーシャツでは厳しくなったので、もう少し暖かそうなものを購入。期待通りの暖かさだった。

こちらも手先が寒くて仕方がないのと、セールで安くなっていたので購入。暖かさは満足しているけど、グローブはシマノばかり使っていることもあり、ハンドルを握ったときのグリップや、装着に少し違和感を感じた。こうやって色々なブランドを使っていくなかでお気に入りのブランドが出来てくるのだろう。
真冬の寒い日だと指先が寒く感じるようになった、防寒性を重視する方はもう少し防寒性が高いものを選んでも良いかもしれない。
※2017年2月11日追記

真冬に自転車に乗っている時の寒さの原因の1つに汗冷えがある。
たとえ防寒対策がされている手袋をつけていたとしても、手に汗をかいてしまうと、その汗が冷えて手が寒くなってしまうのだ。この状態になると防寒性能が高い手袋をつけていても、手がかじかんでしまう。
finetrackの詳細なレビューはこちらに書かれているので割愛するとして、汗冷え対策にはかなりの効果的だった。
※2017年3月5日追記

自転車に乗っていると下半身の寒さはそんなに気にならないのだけど、セールでかなり安くなっていたので購入してしまった。暖かさは十分だけど、ビブショーツやレーパン+レッグウォーマーの組み合わせに比べるとペダリングがしづらいかな。

下半身の寒さはあまり気にならない方なので、真冬でもビブショーツとレッグウォーマーが自分には丁度良い。というわけでもう1つレッグウォーマーを買っておいた。
※2017年3月5日追記

所感

他にも、もう少し防風性があるウィンドジャケットが欲しいなと思ったりと次の冬へに向けて宿題が残る結果となった。とはいえ、何でもかんでも買えるわけでもないので、防寒対策も奥が深い。 2月に入って待ちに待った春が少し見えてきた気がする。春を楽しみにしながらローラー練習を続けよう。

広告を非表示にする