読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

okochangの馬鹿でありがとう

ふらふら適当に世間を生きる日々でございます

AWS Config Rules RepositoryにPRを送ってみた

AWS

こんにちは、今回は久しぶりに技術ネタを書きます。
少し前の話になりますが、OpsJAWSというイベントAWS Config Rulesのハンズオン講師をしてきました。
AWSの基礎知識はあるものの、AWS Config Rulesはまだ触ったことがない人を対象に、AWS Managed Rulesの使い方からCustom Ruleを試してみるところまでを一通り体験してもらいました。内容は以下の資料を見て頂くとある程度把握出来ると思います。

Custom RuleではVPC Flow Logsが有効になっているかをチェックするPythonのコードをサンプルとして使ったのですが、少し前にCustom RuleのコミュニティリポジトリであるAWS Config Rules Repositoryというものが公開されました
というわけで、ハンズオンで使用したコードを少し手直ししてPull Requestを送ってみました。
スクリプトの追加はもちろんですが、Rules.mdの更新とライセンスに同意する旨をPRのメッセージに書き込んであげると良さそうです。
以下のようにPRがマージされContributerに追加されてますね、わっしょい!

Contributors to awslabs/aws-config-rules · GitHub

f:id:okochang:20160312111439p:plain

まとめ

JAWS-UGのハンズオンとか使用したコードもこういうかたちで公開出来ると良いですね。

参考