読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

okochangの馬鹿でありがとう

ふらふら適当に世間を生きる日々でございます

初めてのロードバイク購入までの振り返り

Life 自転車

Twitterの投稿を振り返る限り、2015年6月5日にロードバイクを買う気になってから約2ヶ月待ちに待った納車がされました。 というわけで、いつか振り返るときのために購入までの記録を残しておきます。
文中に出てくる意見は個人的なものですので、参考までにご覧下さい。

購入する自転車を決めるまで

ロードバイクを初めてみようと思ったものの、どんな自転車を買って良いのかは分からないですし、すぐに飽きてしまうかもしれないので、とにかく最初の一台は費用がかからないものを買おうとしていました。もちろん、ロードバイクを始めるときにかかる費用なんてものは知りませんでしたし、ググってみてビックリした記憶があります(このころはとりあえずロードバイクだけ買えばOKなんだとも思っていました)。
そんなこんなで候補にあがったのが以下のようなもの。

item.rakuten.co.jp item.rakuten.co.jp item.rakuten.co.jp item.rakuten.co.jp

モノはとにかく2万円〜5万円くらいで考えていたのですが、日頃からお世話になってる@iaraさんに相談したところ、最初は通販はやめておいた方がいいコトと、候補にあげていたもののほとんどがシフトレバーがついているタイプのもので、使いづらいのでは?というアドバイスを頂きました(言ってることの意味は理解出来ませんでしたが)。 そこで「こんなのどう?」ってことで以下のまとめを教えてもらいました。

matome.naver.jp

リンクを見て、「この人は仕事でも予算とか無視して、倍の金額で提案とかしてるのかな?」という気持ちを抑えつつ、もう一度購入するロードバイクをじっくり考えなおすことにしました。 この時@iaraさんからは「完成車を買うべし」と教えてもらいましたが、自転車は全部出来上がってから売られているでしょと思いつつ、既読無視したと思います。
また、じっくり考えなおすと言いながら、買うと決めてしまってからには早く自転車に乗りたいので、その翌日には自転車屋へ言ってこんなロードバイクを注文。メーカーに在庫があれば一週間程度で届きますよということでした。

www.job-cycles.com

f:id:okochang:20150714153507j:plain

この頃になると、ロードバイクは完成されているはずの完成車でもペダルを買わないといけなかったり、フロントライト、ベル、仏式の空気入れなどなど色々と購入する必要があることが分かってきました。そんなわけでAmazonで検索しながら自転車の到着を待っていました。
一週間後、自転車屋さんからは待望の連絡が来たのですが、「メーカーに在庫ありませんでした、来月の入荷までかかってしまいますねー」という宣告を受け、ここから私の悶々とした日々が続きました。

納車までに購入したもの

ロードバイクを楽しむためには自転車本体以外にも色々と購入するものが必要でしたので、購入したものをまとめておきます。
こういうのを調べながら、なんとか納車までの時間を消化出来たような気がします。

空気入れ

ロードバイクの空気入れはママチャリとかとバルブの形式が違うということで、仏式バルブの空気入れを買いました。参考にしたまとめサイトと、実際に購入したのは以下のものです。

matome.naver.jp

これから色々と買う必要があるので、あまり高くないというのと、メーターが上の方にあった方が見やすそうだなってので選んだ感じです。それと「おお、ルイガノ、自転車探してたときに見たやーつだ。」みたいな発想で決定してしまいました (反省)。

ボトルゲージ

梅雨があけたら、すぐに夏ということで水分補給が出来るようにボトルゲージを選びました。ロードバイク乗りな人達は水分補給のために専用ボトルを使ってるのですが、最初はペットボトルをそのままつければ良いかなと思っていて、ペットボトルも専用ボトルでも両方対応している以下のものを購入。

TOPEAK(トピーク) モジュラー ケージ 2

TOPEAK(トピーク) モジュラー ケージ 2

とはいえ、ペットボトルだと自転車漕ぎながらの水分補給は無理っぽいので、最終的に専用ボトルを購入。ペットボトル対応はそんなに意識しなくても良かったかなと思い始めてきました。

ボトル

自転車漕ぎながらペットボトルの蓋を外して水分補給は無理ということで、専用ボトルを購入。夏だとすぐにぬるくなってしまうので、保冷機能があるもを選定。

POLAR(ポーラー) ポーラーボトル 0.71L プラチナム PBB-24-GPLT

POLAR(ポーラー) ポーラーボトル 0.71L プラチナム PBB-24-GPLT

ライト

ライトは以下のサイトを見てVOLT300が欲しいなと思っていましたけど、それなりに費用が必要です。

blog.livedoor.jp

とはいえ、これからの出費を考えると少し金額抑えたいなーと思って、安めのものを購入。購入後、夜に街灯が少ないところだと危ないかなと思い出してきたのでもっと明るいものにアップグレード予定。

こちらはベルと一体型で、ハンドルまわりがスッキリしそうで気になっています。

ツールケース

ロードバイクはママチャリとかと比べるとタイパがパンクしやすかったりするみたいで、パンク修理セットや予備のタイヤチューブをいつでも使えるようにするようです。そういったものをサドルバックやツールボトル、ツールケースなどに入れるようですが、ツールケースで持ち運ぶことを選びました。
ドルバックは個人的に見た目が好みではなく、ツールボトルは自転車で走っているときの音が気になることもあるようなので、ツールケースが良いかなと思いました。

ビットリア プレミアムジップツールケース

ビットリア プレミアムジップツールケース

この辺から、金額を意識してグッズを集めていてもそれなりの金額になるので、気に入ったものをガンガン買う方が良いかなと思いだしてきてマズイってなりました。

サングラス

必要ないかなと思っていたのですが、ロードバイクで走っていると虫が目に入ったりすることあるということなのでとにかく安いものを購入しました。

ヘルメット

ネットで検索していて、「キノコ」には気をつけるべしということを学びました。

sado-roadbike.hateblo.jp

自転車ショップに足を運んで実際に試着してみて以下のものを購入。キノコまじ恐怖なので、購入する人は店頭で試着したほうが絶対いいですね。

OGK KABUTO(オージーケーカブト) FIGO[フィーゴ] M/L ブラック

OGK KABUTO(オージーケーカブト) FIGO[フィーゴ] M/L ブラック

サイクルコンピュータ

ケイデンスあと30回転あげます」って僕も言ってみたいので自転車の走行距離や時速も図りたいですが、自転車のペダルの回転数を保つように心がけることも大事なようなので、ケイデンスが計測可能なサイクルコンピュータを探しました。
とはいえ、安いサイクルコンピュータケイデンスが計測出来ないものが多く、最終的にはiPhoneアプリと連携して使用可能な以下のものを購入。

iPhoneに無料のサイクルコンピュータアプリをインストールし、購入したセンサーとBluetoothで連動してケイデンスが計測出来ます。

iPhoneスタンド

iPhoneサイクルコンピューターとして使うことにしたので、スタンドが必須になりました。急な雨に降られた時のことを考えて防水カバーがあるものを選択。

スタンド

自転車のメンテナンスをするときにスタンドが必要みたいなので、スタンドも購入。自転車来てないのにメンテナンスのことを考えるとか、やるせない気持ちになりました。

jitensha-hoken.jp

MINOURA(ミノウラ) ディスプレイスタンド [DS-30BLT] 折りたたみ式 ブラック

MINOURA(ミノウラ) ディスプレイスタンド [DS-30BLT] 折りたたみ式 ブラック

レーサーパンツ

ロードバイクで長時間走ると、どうしてもお尻が痛くなってしまうようです。普段からデスクワークということもあり、痔には気をつけたいということで安いものを購入。

当初、インナーパンツを購入しようとしたら色間違いを発注してしまったのは良い思い出。ショッキングピンクはちょっときついですなー。

グローブ

きちんとハンドルが握れるように、そして長時間自転車に乗っていると手がしびれてきたりするみたいなのでグローブも購入しました。レース向けなものは最初は必要ないかなと思ったので、以下のものを選びました。

パンク修理セット

ロードバイクで走行中にパンクになってしまった時のために購入。ツールケースに入れて持ち運ぶ予定。

携帯ポンプ

パンクにの修理が出来たとしても、空気を入れられないと意味ないですねということで購入。

TOPEAK(トピーク)RaceRocket HP MasterBlaster ブラック

TOPEAK(トピーク)RaceRocket HP MasterBlaster ブラック

携帯工具セット

こちらも走行中に工具が必要なときのために購入。ツールケースに入れています。

TOPEAK(トピーク) X-Tool ブラック

TOPEAK(トピーク) X-Tool ブラック

その他

その他ペダルと交換用のチューブを、店頭で購入しました。

納車されるまでの時間の使い方

自転車が納車されるまでは、とにかくHuluだったり本を読んでいました。とにかく、とにかく自転車に乗りたい気持ちになります。自転車がないので乗れないわけですが。

yowapeda.com

弱虫ペダル 1 (少年チャンピオン・コミックス)

弱虫ペダル 1 (少年チャンピオン・コミックス)

OverDrive(1) (講談社コミックス)

OverDrive(1) (講談社コミックス)

突然のキャンセル

その後7月も終わろうかという頃、どうにもこうにも自転車が到着する目処も立たなそうな感じでしたので最終的にキャンセル...。納車には時間がかりやすいブランドのようで、このへんも知識不足だったかなと思いました。
とはいえ、そもそも最初購入を予定していた自転車はあまり自分の体とサイズが合っていなかったようで結果的には良かったかなと思いました。

納車

紆余曲折がありながら自転車に乗ることが出来ました! お祝いしてくれた皆様ありがとう、ありがとう!
とりあえず普通に走るってだけで難しい感じなので、調子に乗っていきなりビンディングペダルとか買わなくてよかった!

f:id:okochang:20150811161636j:plain

最初の壁

  • 何度動画を見てもスタンドの付け方がわからない
  • ペダルの外し方が分からなくて、ケイデンスを計測するためのセンサーが付けれない

最初の目標

カラータイヤ使ってみたいのと、どうやら実家までの距離が60キロ位みたいなので、自転車で実家まで行けるようになりたいですね。