読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

okochangの馬鹿でありがとう

ふらふら適当に世間を生きる日々でございます

EC2 API Toolsでスナップショットのコピー機能を使ってみる

新年明けましておめでとうございます。

気付けばはてなブログに移行してから一年が経ちました。
今年もこのままゆるりとしたペースで続けたいと思っておりますので、よろしくお願いします。

さて、私も前回のエントリーで書いたのですが、AWSの新しいCLIツールは色々な方がブログに書いていて注目度が高いようです。
今まで使っていたCLIツールの影が薄くなってる感がありますが、スナップショットのコピー機能が使えるようになったみたいなので、アップデートして使ってみました。

基本的な使い方

ユーザーガイドにも記載されている通りで、簡単に使う事が出来ます。
ヘルプを見れば分かると思いますが、ec2-copy-snapshotコマンドのオプションで以下を指定します。

  • コピー元のリージョン(--region)
  • コピー元のスナップショット(-s)
  • コピー先のリージョン(-r)
  • ディスクリプション(-d)

東京のスナップショットをシンガポールにコピーする場合は以下のようになります。

$ ec2-copy-snapshot --region ap-southeast-1 -s snap-xxxxxxxx -r ap-northeast-1 -d test-copy

スクリプトにして使ってみる

EC2のルートデバイスとなっているEBSを日次でスナップショットとして作成し、さらにシンガポールにコピーするスクリプトです。
作成したスナップショットはもちろん世代管理します。

正月ボケで面倒だったのでスナップショットの作成とコピーの後にsleepさせていますが、ここをきちんとステータスがcompletedになっているかチェックするようにしても良いと思います。

まとめ

新しいCLIツールも良いですが、今までのCLIツールも機能追加されているので見逃せませんね!
それでは本年もよろしくお願い申し上げます。