読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

okochangの馬鹿でありがとう

ふらふら適当に世間を生きる日々でございます

CentOS5.5でgit1.7.3のrpmを作成する

そうだ!ブログやってたんだ!

相変わらずの気まぐれ更新になってしまった。

勉強会とかに参加した感想をもっとキチンと書きたいなー。
ブログがある事を思い出す為にもCentOS5.5でgit1.7.3のrpmを作る手順をまとめとく。
 
こちらのブログが非常に手順としては参考になった。
というか手順はまんまです。

必要になりそうなパッケージをとりあえず一気にインストール

# yum -y groupinstall "Development Tools"
# yum -y groupinstall "Development Libraries"

その他以下のパッケージは必須なのでインストール

# yum -y install zlib-devel openssl-devel curl-devel expat-devel gettext xmlto gettext-devel

EPELからダウンロードしてインストールするパッケージもあります

# cd /usr/local/src/
# wget http://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/fedora/epel/5Server/i386/asciidoc-8.1.0-1.el5.noarch.rpm
# wget ftp://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/fedora/epel/5Server/i386/perl-Error-0.17010-1.el5.noarch.rpm
# rpm -ivh ./asciidoc-8.1.0-1.el5.noarch.rpm
# rpm -ivh ./perl-Error-0.17010-1.el5.noarch.rpm

パッケージの作成ディレクトリにソースをダウンロード

# cd /usr/src/redhat/SOURCES/
# wget http://www.kernel.org/pub/software/scm/git/git-1.7.3.tar.gz

specファイルを取り出してSPECSディレクトリに移動

# tar zxvf ./git-1.7.3.tar.gz git-1.7.3/git.spec
git-1.7.3/git.spec
# mv ./git-1.7.3/git.spec /usr/src/redhat/SPECS/

不要なディレクトリは削除します

# rm -rf ./git-1.7.3

SPECSディレクトリに移動してビルド開始

# cd /usr/src/redhat/SPECS/
# rpmbuild -bb --clean git.spec

こんな感じで作成されます

# tree /usr/src/redhat/RPMS/
/usr/src/redhat/RPMS/
|-- athlon
|-- geode
|-- i386
|   |-- git-1.7.3-1.i386.rpm
|   |-- git-all-1.7.3-1.i386.rpm
|   |-- git-arch-1.7.3-1.i386.rpm
|   |-- git-cvs-1.7.3-1.i386.rpm
|   |-- git-debuginfo-1.7.3-1.i386.rpm
|   |-- git-email-1.7.3-1.i386.rpm
|   |-- git-gui-1.7.3-1.i386.rpm
|   |-- git-svn-1.7.3-1.i386.rpm
|   |-- gitk-1.7.3-1.i386.rpm
|   |-- gitweb-1.7.3-1.i386.rpm
|   `-- perl-Git-1.7.3-1.i386.rpm
|-- i486
|-- i586
|-- i686
`-- noarch
7 directories, 11 files

あとはrpmコマンドでインストールすればOKです

すぐに消すテスト環境なのでrootユーザーで作業をしています。
各自の環境でビルドする時は一般ユーザーでビルドして下さい。