読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

okochangの馬鹿でありがとう

ふらふら適当に世間を生きる日々でございます

Rackspace Cloud導入記その2(サインアップ)

Rackspace Cloudを利用するには、最初にサインアップを行います。
今回のエントリでは、サインアップを完了させるまでの手順を記録します。
ちなみにRackspace Cloudでは本人確認として、登録した電話番号に英語で生電話がかかってきます。
Amazon EC2の確認電話は機械的な英語メッセージが流れて数字を入力するだけですが、Rackspace Cloudの場合は担当の方が英語で質問してくるので恐ろしいですね(笑) それでは、具体的な手順です。

  1. Rackspace Cloudのサインアップページにアクセスします。 https://www.rackspacecloud.com/signup
  2. ログイン情報として以下を登録しNextStepに進みます。
    Username(ログインユーザー名を記入)
    Email(登録したいメールアドレスを記入)
    Password(大文字、小文字、数字を含める事)
    Confirm Password(パスワード再入力)
     
  3. アカウント情報として以下を登録しNextStepに進みます
    Organization/Company(組織名や会社名)
    Firstname(名)
    Lastname(姓)
    Email(2.と同じEmailで登録可能)
    Phone(日本の場合最初の0を削除して頭に81を登録する事)
    Street(City以降の住所) City(区、市、町、村)
    Country(Japanを選択して下さい)
    State(入力しなくて可)
    Zip/Postal code(郵便番号)
    ※電話番号は間違えると本人確認が出来ないので注意して下さい。
    一般電話の例:81311112222(03-1111-2222の場合)
    携帯電話の例:819011112222(090-1111-2222の場合)
  4. クレジットカード情報を登録してCreate My Accountに進みます
    Card Type(カード会社を選択)
    Card Number(カード番号)
    Cardholders Name(カード所有者名)
    Security Code(カード裏面に記載された3桁の番号)
    Exp. Month Exp. Year(有効期限)
  5. 確認ページに移動し、15分以内に本人確認の電話がかかってきます
    ※時間帯によって15分でかかってこない場合があります ※英語で直接質問されますが、すべては聞き取れませんでした
    ※カード会社とカード番号下四桁を聞かれた事だけ分かりました ※英語が聞き取れなくてもYes!やThank you!でなんとかなります(笑)
     
  6. 本人確認の電話後、Emailが登録したアドレスに届きます
    【タイトル】Welcom to the Rackspace Cloud!
    Welcome to the Rackspace Cloud! We want to ensure you have a fanatical experience, so we have noted some important information below for your reference. Get Started Now! To get started, you will need to log into your control panel: https://manage.rackspacecloud.com/ Use the username and password you initially created when ordering your service. If you can't remember, click on "forgot password." Once you log in, please make sure to set up your secret question and answer. This is needed to verify your account when you call in for support.

以上でサインアップ作業は完了です。 以下のページから管理画面にアクセスする事が出来ます。 https://manage.rackspacecloud.com/pages/Login.jsp

【感想】
やはり英語での本人確認が一番高いハードルです。
英語が出来ない人でもやってみれば十分にサインアップ可能ですが、日本人ユーザーが簡単に使用出来るためにも、もう少し簡単な本人確認を検討してもらいたいです。
ちなみに、今回のサインアップ時にアメリカが朝だったようで、本人確認の電話は30分後にかかってきました。
どういう事かLiveChatで問い合わせをしたところ、こっちは朝だからちょっと待っててねと言われました…(汗)